オンライン英会話

【根拠あり】オンライン英会話で緊張してもうまく進めるコツ【自己紹介テンプレ付】

 

 

最近、オンライン英会話をはじめた人
「オンライン英会話を始めたいけど、先生とのマンツーマンでオンラインで会話したことがないから不安。緊張して頭が真っ白でなにをどうしていいのかわからない。緊張しつつもうまく進めるコツをしりたい。またレッスン中によく使うフレーズも教えてくれるとうれしい。

 

そういった疑問に答えます。

 

  • 撃沈したオンライン英会話デビュー
  • 緊張してもうまく進めるコツは、自己紹介を完ぺきする。自己紹介テンプレート公開

 

 

本記事の信頼性

  • DMM英会話 →レッスン総回数500回 ・レッスン総時間12,000分
  • 産経オンライン英会話 →レッスン総回数2,600回 ・レッスン総時間1,300時間

→社内英語研修担当を任され、社員英語力を+5%英語力を底上げ。仕事や趣味を通じて、世界中の人とつながり、”英語で世界が変わった”。

 

 

殆どの人は外国人とマンツーマンで話さないので緊張するのが当たり前です。外国人を前に英会話をしたことがない方にとって、オンライン英会話は未知なものであり、最初は特にとても緊張するものだと思います。

 

緊張が嫌でオンライン英会話を始めるのを躊躇している方や、始めてはみたものの次のレッスンを予約できない方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に今回は、改めて緊張とオンライン英会話の絶妙な付き合い方をご紹介したいと思います

 

いきなり結論ですが、

 

最初は何も話せなかった僕が英語を少しづつ話せるようになってきました。あるきっかけで成長軌道に乗ることができました。

 

それはなにか?

 

自己紹介です。

 

 

樹でいうと、中心に自己紹介という大きな幹をつくり、それを通じて枝葉をつけ、葉をつけていき大きな樹となります。幹の中心をつくることが重要です。これには科学的根拠もあり自己紹介テンプレートも紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

超緊張で、脇汗びっしょり。撃沈したオンライン英会話デビュー

 

最初のレッスンは撃沈でした。
まあ、うまくいくとは思っていませんでしたが、想定以上に撃沈しました。本当に英語レベルが雑魚レベルだったので、マンツーマンでしゃべるのは地獄でした。

当時ぼくの英語レベルとしては、TOEIC:270点。英会話経験:市民センターで20人くらいのレッスンを半年。以上

 

授業の様子をまとめると、

・自己紹介で言えたのは、名前と年齢だけ。
・声が小さく完全に自信が無い、かつ恥ずかしさがMAX。
・わかってもいないのにヘラヘラ。内容を理解できず、笑ってごまかす。
・脇汗びっしょり

 

みたいな感じ。

 

もう序盤から、頭が真っ白。なにか聞かれていそうですが、笑っているので質問なのか、意見なのか汲み取れず。

 

Thank you でいいのか、それ以外で回答しないといけないのか、、

 

Fineでいいのか。Goodがいいのか、、

 

顔はへらへら、でも頭の中はぐるぐると答えが出ない、、

 

沈黙がこわい、、、

 

辛い空気が充満。 以上。

 

なんとか25分耐えることが出来ましたが。中身はほとんど思い出せない始末。汗が止まらない苦痛の25分間でした。その後のレッスン10回くらいは同じ調子でした。

その時の内容についてはストーリー仕立てで赤裸々に解説しています。ここまで撃沈されることは僕以外にいないと思うので参考にならないかもですが、、、。
≫【体験談】TOEIC270点ド素人が初オンライン英会話受講したら撃沈

そこで、

 

「このままではだめだ。せめて自分のことくらいはっきり言えるようにならないと」

 

と思い、自己紹介の内容を全て文字起こししました。詰まりそうなときはこのカンペをみればいいのだと。

 

英語に慣れたキッカケは自己紹介(名前、趣味、仕事)だった

これを使いつつ3ヶ月くらい経過したころから、授業がスムーズに進んだんですよね。また、無駄に度胸もついてきてなぜだろう?そして気が付きました。

 

語で自己紹介をきちんとできようになった時だ」と。

 

しゃべることを最初から準備しておくのです。絶対にしゃべることを。自己紹介の”文字起こし”してからそれを毎回つづけたところ「授業が”楽しい♪」と感じるようになりました。そう、心の底からです。

 

その後は、そこを基点に少しづつ話を展開できるようになりました。(注:レッスンの講師は毎回変えた方がよいです。なぜなら失敗したなと思っても、別の先生で試してみるのです。他の講師にとってはあなたの自己紹介は初めてですからね。)

 

・自分のことを英語で話して伝わったことが大きな成功体験になった。
・自己紹介からそこから”あなたに”ついて深堀される。

結論としては、まず自己紹介をカンタンことばで、話せるようになることが重要でそこで、1つの大きな幹をつくり、そこにいろいろな表現力を枝葉のように、伸ばしていくとよい。ということです。

 

でも、初心者のうちはそんなに話せません。話したいことはあるけど、単語や文が出こない。でもこれ普通です。そんな初心者でも、下記の記事内容を実践すれば、『今のスキルで初心者なり』に話せるようになります。ヒントは”言い換え”で思いついた単語をそのまま英語に変換しないこと。
具体的説明、使い方は≫『言いたい事が言えない。言葉が出てこない』そんなときの時のズルい”言い換えワザ”に記載しています。

【根拠画像あり】自己紹介を完ぺきにこなすのは英語上達へ早道

実は調べてみたところ、自己紹介をうまくできると、その後もスムーズに上達するのは根拠があったのです。TEDで下記のようなプレゼンをした人がいました。参考にみて下さい。

 

 

ポイント

1. 自分に関連した表現を覚える

2. 学んでいる言語を"コミュニケーションの道具"として、初日から使い始める

 

この2点が語学学習で大切である。かつ効率的な学習法だということでした。たまたま、苦し紛れにやった手法が実は理にかなっていた。ということです。

 

自己紹介用テンプレート共有

では、どのようなテンプレートなのか。下記のご紹介します。

名前

  • ■名前
    ・I'm Taro. Nice to meet you.
     →私の名前は太郎です。はじめまして。
    
    ■住んでいるところ
    ・I live in Osaka Japan.Have you ever heard Osaka?
     →大阪に住んでいます。大阪って聞いたことがありますか?
    
    
    ■年齢
    ・I turned 35 years old this year.
     →私は今年35歳になりました。
    
    
    
    ■家族構成
    ・I am(not) married (yet). 
     →私は結婚しています。
    
    ・I have one son. He is 10 years old and elementary school student.
     →息子が1人います。彼は小学生で10歳です。
    
    ・I am single,but I have girl friend.
     →私はまだ結婚していません。でも彼女がいます。
    
    
    ■あなたの仕事
    ・I work on Japanese company.Our company main products is camera. 
     →私は日本の会社で働いています。私の会社メインの製品はカメラです。
    
    ■あなたの趣味
    ・My favorite is play ○○○ and play it ○ time a month.
     →私の趣味はゴルフで、月に1回ゴルフをします。
    
    ・My hobby is games. When I come back from work, I play a game every day for one 
     →私の趣味はゲームです。仕事から帰ってきたら毎日1時間ゲームをします。
    ポイント
    1人の子供がいます。といった後に
    「All so I have one wife!1人の妻がいます。当然ですが(笑)」というと講師が笑ってくれます♪

是非あなた用の自己紹介のカンペを作成してPCの画面に出しておいて下さい
私はこれを紙に印刷して壁に貼っていました。ポイントは講師に質問させるための余白のこしておくこと。

 

★これに、講師が食らいついてくれればこっちのものです。

 

もしそれ以上関心をもたれなかったらその講師は「お気に入り講師」から外しましょう。(笑)
講師は生徒の言葉をすくって、フォローして発言をうながさないといけませんがそれができていない講師は、講師として失格ですし、その後もあなたの英語スキルと伸ばしてくれそうにありませんので。

 

とはいえあなたに合う講師はきっといます。もしまだの人は≫を参考にさがしてみてください。きっと数人はみつかるとおもいますよ。≫【3ステップだけ】苦手な英語を上達させる良い講師見つけ方

 

講師はあなたに質問→答える。の繰り返し

そうすると、質問してきます。経験的に7割は想定内の質問をしてきますので準備をしておきます。要はあえて余白をのこす、相手に?を残すというやり方です。そして準備していたカンペで回答します。

マラソン大会はでてるの
タイムは?
いつ。どれくらい

ゴルフはいつするの?
だれとするの
ゴルフは高いよね(万国共通?)

こういった回答をあらかじめ書いて準備しておきましょう。経験的にほぼ同じ質問をしてきます。

 

ですが、たまに3割はめずらしい質問をしてくる人がいますのでそれらは、紙に付け足していきます・。いつかくる質問の為に準備しておきます。これを繰り返し、大樹に育てるんです

 

あとこれにくわえて、あとは、初心者でもつかってほしいフレーズとして『相づち』『聞き直し』があります。このあたりはスグにつかえて会話のキャッチボールを続けるには必須事項です。詳細については≫読むだけで身に付いて会話が続く≫【あいづち・質問・聞き直しのコツ】33選を参考にどうぞ。いろいろなバリエーションがありますよ。次回のレッスンから使えるはず。

 

最初の挨拶で自分の名前をハッキリ伝えましょう

初レッスンでは自分の名前を伝えます。

 

これはお互い名前で呼び合って壁を取り除こうという一種のアイスブレイクです。

 

ここでは自分の名前を話すだけでなく、チャットボックスにスペルを記載することをおすすめします。

 

発音がむずかしかったりすると、違う意味に解釈されてしまいます。名前の言い方については下記の手順で行きましょう。

 

自己紹介の言い方

・私の名前は山本拓哉です。
・My name is Takuya Yamamoto.

・みんなは僕のことをタクヤ、タク、タクサンと呼んでいます。
・Every one call me Takuya, Taku, or Taku-san.

・タクヤと呼んでください。
・Please call me Takuya.

上記の通り。シンプルですね。

 

よくある質問(初心者あるある)

講師の言っていることが理解できません
質問されているのか、意見をいっているのかがわからない。パターン?
そうです!それです!

 

講師が言っている内容を一発で理解するのは難しい。

 

ヒヤリングは経験を積むしか無い。とはいえオンライン英会話で講師が質問内容はある程度決まっています。

そういうわけで、

 

「あなただったら初対面でどんな質問をしますか?」実際に講師に聞いてみました。

 

下記にいくつか紹介します。

聞かれる内容がわかっていれば準備すればいいだけです。

 

英会話を始めたきっかけ

講師 :What made you decide to study English online?
オンラインで英語を勉強しようと思ったきっかけは何ですか?

あなた:This is to improve my English conversation skills.
私の英会話スキル改善の為です。

 

家族の話題

講師 :how many are you in the family?
家族は何人ですか?

あなた:I live for 4 people. My wife, my son, my daughter.
4人暮らしです。妻、息子、娘、とわたしです。

 

週末の過ごし方

講師 :What do you like to do during the weekends?
週末は何をしますか?

あなた:I shop with friends and chat at cafes.
私は友達とショッピングしたり、カフェでおしゃべりします。

 

趣味

講師 :Tell me something about yourself? ( family,pets, work, hobbies)
何かあなた自身について教えてください? (家族、ペット、仕事、趣味)

あなた:My hobbies are plaing golf and watch YouTube.
私の趣味は、ゴルフとYOUTUBEを撮影することです。

 

仕事

講師 :how do you go to work?
どうやって仕事に行きますか?

あなた:I usually go to work by train.
私はふつう、電車で会社に行きます

 

 

瞬間英作文で、短いフレーズを瞬時に言えるようにする

ここまで来て、やっぱりマンツーマンの英会話に踏み切れない!という方は、

 

本で3ヶ月くらい自習して臨むといいかもしれません。

 

独学で特にオススメなので下記の書籍です。これが良い理由は”自分が言いたいことがすぐに言える”から。

気になる方はぜひどうぞ〜。

■どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

テキストはついていますが、見なくてOKです。中学で使う英単語で構成されていますので。これを電車や車の中で毎日聞いて、口に出すことで日本語→英語変換が飛躍的に時短します。このシリーズとても人気だったようでシリーズ化されています。1冊目が終わったら2冊目もチャレンジしましょう。

 

■スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

普通の英会話トレーニングは、場面に応じて英単語、英文が集約されていますが。本書籍は、タイトルの通り1センテンスごとに違う場面での瞬間英作文を口に出す必要があります。

 

こうすることによって、脳内に仮記憶されているところから、頻繁にその単語を引っ張り出すことになります。そうすると”脳”の視点としては「この単語は頻繁的に使われる単語だ」と思って脳の記憶に定着されます。

 

たまにしか出てこない英単語は、かいばというところに保管されますが、その後読み出し機会がないと、脳は不要と判断、単語を廃棄してしますというメカニズムなのです。

オンライン英会話移行への目安

テキストの内容を全て瞬間的に言えるようになったとき

 

 

とりあえず、せっかくやろうという気がおこったので、行動に移しましょう。

明日やろうは馬鹿やろう!ですよ。

 

 

苦手意識は、思い込みかもしれない

というわけで、今回は以上にします。最後に1つあり、それは「苦手意識の思い込み」です。僕は「自分は、英語が苦手だ」と思っていたのですが、正しくは下記でした。

 

× 英語が苦手
〇 会話での沈黙が苦手

 

上記ですね。要するに「沈黙が苦手がために、しゃべれない英語を喋ろうとするが結局何を言っているのかわからない病」でした。

 

あまり欲張らず、中学生英語でで「沈黙入もれつつ、しゃべることでわりと、いけるな」と感じました。沈黙も味方にするという感じなんですよね・・

 

なので、自分のペースに相手を入れ込むと、意外といけるかもです

 

なにはともあれ、3ヶ月継続して練習したら、驚くほどに上達しますの

本気で自己紹介を作り、日々の挑戦から勉強してみてください。

 

-オンライン英会話

Copyright© 7Kuma Blog(脱初心者向け 英会話ブログ) , 2022 All Rights Reserved.