オンライン英会話

『言いたい事が言えない。言葉が出てこない』そんなときの時のズルい”言い換えワザ”【オンライン英会話 初心者向け】

オンライン英会話を始めた人
「レッスン中、言いたいことがあるけどすぐに英語に出来ない。でもレッスン後に「あっ、こういう言い方があったかも」とふと思い出すことがある。言いたいことが、言いたいときに、言えるために、コツがあれば教えてほしい。。

 

そういった疑問に答えます。

オンライン英会話で、講師の質問や、自分の意見を言う時、
「言いたいことが言えない、出てこない」良くある悩みですよね。

 

でもレッスンが終わって、ふと何気ないときに

 

「あっ、ああいえばよかったかな」

 

と適切な単語が出てくることありませんか。安心して下さい。

 

こういった「後になって言葉が思いつく」というのは、頭の中には英語を話すだけの力は備わっているということです。脳の一番奥に記憶されていて出てくるまでに時間差があったようです。

 

そこで今回は、なかなか言いたいことが、すぐ言えない理由を紐解いて、すぐ出てくるコツについてお話しますね。

 

では行きましょう。

 

  • オンライン英会話で言いたい事が言えない理由
  • オンライン英会話で言いたいことが言えるようになるコツ

 

 

本記事の信頼性

・レッスン総回数2600回以上(1レッスン25分)
・レッスン総時間1300時間以上

→社内英語研修担当を任され、社員英語力を+5%英語力を底上げ。仕事や趣味を通じて、世界中の人とつながり、”英語で世界が変わった”。

 

 

オンライン英会話で言いたい事が言えない理由

ズバリ、日本語→英語にする訓練が不足しているからです。

 

でも安心して下さい。これはあなたが悪いと言っているわけではなく、日本学校教育が悪かったのです。

 

思いだしてみて下さい。

そもそも。

 

学校の授業では「英語→日本語」にする学習をひたすらやりませんでしたか?でもです、「日本語→英語」にする学習って、殆どしてきませんでしたよね。

なぜそのような学習なっていたのか。

 

これは僕の考えでは「日本語→英語」学習をしてしまうと、能力を評価する方法が必然的に英語ベースのスピーキングやライティングになってしまう、で、そうなると先生側のスキルや学習時間の問題から難しかったのではないでしょうか。

 

でも、学校では教えてもらえなかったとはいえ、

 

どうしてそんなに「日本語→英語」がそんなにできないのでしょうか。

 

実は。

僕たちが大人になっていく過程でたくさんの、大人らしい言葉を学んだことに原因があるようです。

 

次で説明します。

言いたいことが言えない理由→思いついた日本語を英語に変換している

 

言いたいことが言えない理由、

 

それは

「思いついた日本語を、一生懸命英語に変換しようとしている。」

 

これだと思います。もっと具体的に言うと、

 

「たまたま、その時に思いついた日本語を、むりくり英語化しようとしている。」

 

これが初心者にありがちな、「言いたいことが言えない」最も大きな理由です。

 

思いついた日本語を英語に変換しようとするのは、もちろんこれ自体は当たり前で、すばらしいことなのですが、ぶっちゃけこの「思いつき日本語を英語に変換する」方法をやっているといつまでたっても話せないと思います。

 

大人の言葉とは、例えば以下。

案の定
忖度
想定外

 

 

話せるようになるコツ

実は、こういった大人の言葉を知っているがゆえに、それを英語に変換するときに足かせになっているです。

 

ようは「パッ」と思い浮かぶ日本語をそのまま英語化しないこと。
たまたま思う浮かんだ日本語を英語にするなんて相当大変ですよ。通訳レベルです。

 

話せるコツは

 

「思いついた日本語を小学生にでもわかるような言葉に変換すること」

「その言葉は、あなたが持っている英語の表現で変換して、相手につたえること」

 

「あなたが持っている英語の表現で、相手につたえること」

最も大事なことは

 

「あなたが持っている英語の表現で、相手につたえること」

 

これ結構大事ですよ。英語なんてこれから何か新しい英語の単語を覚えたり、イディオムを覚えたりではなく、

 

今あなたが持っている英語の表現で、英語は話せるようになるんです。

 

そもそもの話あなたの周りにいる「少し英語が話せる人」と、「あなた」に英語のレベルに差は無いと思います。もっというと、日本人の英会話力ってそんなに差はない。とさえ思っています。じゃその違いは何か。

 

「思いついた日本語を英語に変換できるコツを知っているかどうか」だけの違い

 

 

ただそれだけだと思います。もうこれ以上、単語は覚えなくてもいいのです。今あなたが知っている、持っている英語の表現からピックアップして言い直して話せばいいのです。

 

「思いついた日本語を小学生にでもわかるような言葉に変換すること」

言いたいことが頭にあるのに英語に出来ない。その原因は思いつきの日本語を、そのまま、むりくり英語にしようとするから言えない」「大人になって、便利で大人っぽい言葉を使えるようになったことで、その引き換えに英語を話せることから遠ざかった」いう話でした。

 

ではどうするか、

 

「思いついた日本語を小学生にでもわかるような言葉に変換すること」

 

 

日本語→英語変換するときだけ、単語の目線を落として話すんです。

 

これができるだけで、劇的に英語直せるようになると思います。具体例をだしましょう。

僕たちが普通に使っている言葉です。まずは、これを英語に出来ますか?

 

・私は拒否出来ません。I can't ○○.

・台風が上陸します。 Typhoon will ○○.

・このバッテリーは高寿命です。  This Battery has ○○.

 

 

「拒否」「上陸」「高寿命」につまづきますよね。これ大人のことば。
このように普段何気に使っている日本語を英語にすることは結構難しいことが分かったと思います。

 

なのでこれらを、そのまま英語化するのではなく、小学生にでもわかる言葉に変換する

 

ことです。

 

では、先ほどの単語を小学生にでもわかる言葉に変換してみましょう。

  • 拒否 ⇒ 断れない ⇒ 賛成できない
                I can't agree.
  • 襲来する ⇒ 上陸する ⇒ 来る
                Typhoon will come.
  • 高寿命 ⇒ 寿命が長い ⇒ 命が長い
                This Battery has long life.

 

どうですか。こんな感じです。簡単じゃないですか?これならいけそうな気がしませんか。

繰り返しですが大事なことは下記の2ステップです。

 

  • 思いついた英語を、小学生にも伝わる簡単な日本語に変換する
  • 変換した日本語を英語化する。

 

下記の赤文字を簡単な日本語変換→英語化してみましょう。

日本文

  1. これは大切なお守りです。
  2. 私は子供を寝かしつけます
  3. 手ごろな価格です
  4. バッテリーが長持ちします
  5. 4車線道路
  6. フルーツの詰め合わせ
  7. ミーティングがダブりました
  8. 私は筋肉痛がする
  9. 彼女は携帯ゲームで遊ぶことに夢中になっている
  10. 意見が割れる


英文

  1. This is a precious amulet.
  2. I put my child to sleep.
  3. Affordable price.
  4. The Battery has long life.
  5. 4-lane road.
  6. Assorted of fruits.
  7. The meeting was doubled.
  8. The muscle development.
  9. She hooked play mobile games.
  10. Opinion is divided.

 

どうですか、これならいけると思いませんか。

 

基本的に、僕たち大人が一発目に思いつく日本語を英語化するのは難しいと思っていいです。だから、思いついた言葉を必ず一歩踏み込んで「もっと簡単な言い換えは無いか」変換するクセをつけることです。

 

世界一難しい日本語を、英語にそのまま訳すのは上級者でも難しいものもし言い換えもせずに、言いたい日本語を全て英語にできるようにするためには、遠大な単語や語彙を覚える必要がありますが、通訳を目指すわけでもないので、そこまでは不要ですよね。

 

「なんていうかな」ではなく「なんて言い換えれるかな」の考えを持ってシンプルに伝えることが、英語を話すうえで重要だと、僕は思います。このシンプル変換のコツをつかんでしまえば、大体は言えてしまうことを実感できると思いますよ。

言い換えテクニックはクイズとして楽しく取り組む

「言い換えテクニック」を使うことで簡単に英語を話せるようになると思います。

 

ただちょっとだけ努力することがあって、それはどんなに簡単な単語でもすぐ出てこなければ意味がない。ということです。日常の中にはもっとたくさんの日本特有の言い回しがあるかと思いますので

 

「これを小学生に言い換えるとすればなんというだろう」
「どう言い換えれば、小学生にでも伝わるか?」を意識することです。

 

自分に問いかけてみることです。でも勉強ではなく、、クイズのように。そうです。これはトレーニングではなくクイズと思って頂ければ、取組みやすいかもしれませんね。

 

あとは、あいづち等もうまく使って会話のラリーを続けること。あいづちの仕方、バリエーション、これをしっておくだけで、相手に話させ自分は聞き手に回ることもできます。ここは≫読むだけで身に付いて会話が続く【あいづち・質問・聞き直しのコツ】33選に記載していますので、いろいろな”返し”をマスターしてください。

なんとコツ33選あるんです。

 

大事なこと⇒「自分が知っている英語ででどう表現するか」

 

これに尽きます。

まずはあなたがすぐ口に出して発話できる英語でどのように表現するかです。

 

そのイメージは小学生にも伝わる言葉を英語化することです。

 

「言い換えテクニック」は「発想の転換トレーニング」なので、いつもこのように言い換えトレーニングを繰り返しておけばスムーズに言い換えが浮かび、上手に英語化出来るようになると思います。

 

今回は以上です。

-オンライン英会話

Copyright© 7Kuma Blog(脱初心者向け 英会話ブログ) , 2022 All Rights Reserved.