オンライン英会話

【日常英会話は無駄】ビジネス英語を3ヶ月でマスターする方法【オンライン英会話初心者向け】

 

オンライン英会話を始めた人
「日常英会話くらいは出来るようにオンライン英会話を始めた。「日常英会話=かんたんな英語」だと思っていたけど、毎回テーマが変わりどんな話題が飛び出すかわからない。全てに対応するには、よほどの英語力が無いと難しそう。このまま日常英会話を学習していいのだろうか。かと言ってビジネス英会話は難しそうだし。どっちを学んだらいいかな。

 

そういった疑問に答えます。

 

こんにちは。5年前、英語が苦手だった僕が、今は英語を使って仕事ができるようになり、今では英語がきっかけで年収が1000万円を超えました。

 

さて。

 

「英語は出来ますか?」

 

「日常英会話くらいなら・・・」

 

あなたもどこかで聞いた事があるかもしれません。

 

「ビジネスで使えるほどじゃないけど、ごく簡単な英語なら話せますよ」おそらく、そんな意味で「日常英会話」という言葉が使われるのかと思います。

 

しかし大きな誤解があります。ぶっちゃけ日常会話の英語の方が、ビジネス英語よりも圧倒的に難しいのです。

 

今回はビジネス英語を学ぶべき理由と、3ヶ月で習得できるビジネス英語トレーニングについてご説明します。

 

  • ビジネスに必要な英語力は「中学生レベル」です【3ヶ月で習得可能】
  • ビジネス英会話を3ヶ月で習得する【5ステップだけ】

 

本記事の信頼性

  • DMM英会話 →レッスン総回数500回 ・レッスン総時間12,000分
  • 産経オンライン英会話 →レッスン総回数2,600回 ・レッスン総時間1,300時間

→社内英語研修担当を任され、社員英語力を+5%英語力を底上げ。仕事や趣味を通じて、世界中の人とつながり、”英語で世界が変わった”。

 

 

ビジネスに必要な英語力は「中学生レベル」です【3ヶ月で習得可能】

「日常英会話くらいは、話せるようになりたい」

 

ほとんど英語を話せない日本人の多くの方が言う言葉です。日常英会話だったらカンタンそうだし自分も出来るかも?っていう感じでしょうか。

日常英会話を話す機会・・・そんなの幻想ですよ

いきなり悲報ですが日常会話の習得はめっちゃ大変です。。。考えてみれば分かりますが、「日常」ってすごく抽象的だと思いませんか。どこの、どんな場面を想定していますか?

家の中
買い物
スーパー
学校
職場

モール
仕事

日常場面って山ほどありますよね。どれでも良いですけど、買い物を例にしてみましょう。買い物ひとつでも

 

いつ行くのか。
どうやって行ったのか。
だれと行ったのか。
何を買ったのか。
どれくらい過ごしたのか。
結局どうだったのか。

きりがないです。もう無限大に話が広がります。こんな状況で、話がどう転んでも、対応できるような英語を身につけるというのは非常に難しい。・・・というか無理ゲーですね。

 

さらにいうと日常会話で英語が必要な時って、今までの人生で何回くらいありました?

 

道で外国人に聞かれた
ボランティア
海外旅行

上記のとおり。
日常英会話ってほぼ活躍の機会はありませんね。

 

ビジネス英会話で3ヶ月後に話せるようになる

だったら私たち大人はどうすればよいか。

 

結論⇒ビジネス英会話に特化して学習すべき。なぜならビジネス英会話は使う目的も、シチュエーションも限定されているから。

 

ビジネス英会話って一見難しそうに見えますけど、実は範囲が絞られてくるんですよね。

お客様との名刺交換、ごあいさつ
会議でのプレゼンテーション
営業
交渉

プレゼンをしたいならプレゼン用の言い回しを練習すればよいですし、営業であれば営業の分野だけ覚えればよい。

 

しかも会社で使う英語はほとんど、5W1Hの5Wでやりとりがほとんどです。型を覚えておけば意外と時間は掛からないですよね。

 

ビジネス英会話は、5W1Hのうち5Wが主なので覚えやすい

  • When:     いつまでの納期ですか?
  • Why:    なぜ、返信が遅れたのですか?
  • Where:  どこで会議しますか?
  • What:  何を依頼しますか?
  • Who:   誰が担当ですか?

 

たとえ相手から質問されても、テーマから外れたことを聞かれる可能性は低く、覚えた範囲で回答できるハズ。

 

ビジネス英会話を3ヶ月で習得する【5ステップだけ】

ではここからビジネス英会話を3ヶ月で習得するためワークに取り組んでいきましょう。

 

実はこれ、僕が職場の人事が提案した英語スキル向上トレーニングです。僕的に大きく成果を出しましたので、特別にご紹介します。

テーマ:会社紹介(あなたが働いている会社を英語で紹介)

聞き手:オンライン英会話講師、友人

 

ポイント

あなたが働いている会社・職場を英語で説明するのです。
聴き手は、僕のときは人事でしたがここではオンライン英会話講師にしましょう。必ず聴き手は必要ですよ。聴き手がいないと緊張感も、熱量もないので。

 

このワークの良い点は、リアルにあなたが働いている会社を紹介することです。あなたが働いている会社のことについては誰よりも、あなたが一番詳しいですし、いくらでも説明できますよね。

 

これが出来たら絶対、英会話に自信がつきますよ!(僕がそうだったので)

 

具体的な手順は以下。

 

 

  • 【STEP1 1ヶ月目】 テキストレッスン
  • 【STEP2 2ヶ月目】 日本語で会社紹介資料作成
  • 【STEP3 3ヶ月目前半】 英文変換+添削
  • 【STEP4 3ヶ月目後半】 プレゼントレーニング
  • 【STEP5 ラスト】 プレゼン本番

 

 

【STEP1 1ヶ月目】 テキストレッスン

まずは、入会後オンラインレッスンに慣れるために、スクールテキストを使ったレッスンを行いましょう。スクールによってそれぞれの無料のテキストがあるのでそれを活用してこの環境に慣れること。

 

スクールが提供しているテキストに使用される単語や文型は中学レベルです。だからほとんどの日本人は問題なくこなせるはず。

 

「マンツーマンレッスンってどうやってすすめるのでしょうか?」

講師がリードしてくれます。もしそれでも不安と思われる方は「【初心者向け】オンライン英会話の毎日受講の効果と+習慣化コツ13選」が参考になります。

 

初講師だと自己紹介が必要ですが、「【根拠あり】オンライン英会話で緊張してもうまく進めるコツ【テンプレ付】」を事前に読んでおくことで、スムーズに自己紹介出来るようになります。

 

「でもマンツーマンだと講師からの質問がこわいです」

 

これも安心して下さい。講師が生徒に聞く質問集もこちらにまとめています。>>【受講前チェック要】オンライン英会話講師が必ず聞く質問フレーズ集24選
これは実際に講師へヒヤリングして聞き出した質問なので精度は高いです。是非参考にしてみて下さい。

 

最初は大変かもですが、スグに慣れます。大丈夫です。

 

【STEP2 2ヶ月目】 日本語で会社紹介資料作成

2ヶ月目に入ったら、通常のテキストレッスンをこなししつつ、空いた時間に自社紹介資料の作成を開始しましょう。

 

とりあえず日本語でいいので資料1枚で、たたきを作成しましょう。

 

  • 会社所在地情報(周辺の情報、地域の特産物、観光地などの情報を入れる)
  • 自社製品・サービス紹介。日常の中でどのように役に立っているかカンタンに説明
  • 今後の未来予想。

このような内容を日本語で作成するのです。

 

ポイント

具体的な仕事内容にはフォーカスしないこと。なぜなら具体的な仕事によるほど専門的なコトバが出てきて、一般の人には分かりずらい。ホームページや、社内の内ポータル等から引用すると良いです。

 

とはいってもなかなか難しいかもしれないのでテンプレートを準備しました。下記のようなイメージで、オリジナルの資料を作成しましょう。

 

【STEP3 3ヶ月目前半】 英文変換+添削

 

やること

  • 自社紹介プレゼン資料作成
  • 英文文字お越し
  • 英文修正

 

3ヶ月目からはテキストレッスンを一旦止めて自社紹介資料の英文作成に入りましょう。話すことも全て文字に起こし、そしてまるっと覚えるのです。

 

ここも初めから作成するにも大変なので、私が当時TOEIC270点時代に書いたシナリオを公開します。本当に恥ずかしいのですが、当時の自分が自分のスキルで話せる範囲でシナリオを書きました。

 

英文作成は、Google翻訳でも構いませんよ。出来上がったら、レッスン時にチャットボックスにコピペして添削してもらましょう。

 

その時、講師に以下の内容を伝えて下さい。

 

  • 「1か月後に英語で会社紹介をしたいので英文のチェックをして下さい」
  • 「単語や文章の間違いは指摘して下さい。」
  • 「もっと良い表現があったら教えて下さい。」

例えば文を1行づつ添削してもらうようにすると講師もチェックしやすいですよ。こうやって1個、1個みてもらうことで、自ら熟読しますし、文型や単語も覚えます。

 

余談ですが、、、

英語を普通に話せる今でも、カンタンな英文を作ってそれを組み合わせて話します。初心者のうちは、長い単語でも短く切って話すことでなんとか話せるようになるものです。
この件に関しては、下記で詳しく解説していますので是非参考にして下さい。

【初心者向け】英会話に文法不要!「理由と通じるテクニック」本気解説します

続きを見る

 

下記は僕が当時、TOEIC270点台の時に作成したプレゼン用、シナリオです。

Good evening, everyone. My name is ○○.My hometown is ○○○○. I’m ○○ years old.
皆さん、こんばんわ。私の名前は○○です。私の故郷は○○○○です。 ○○歳です。

I work in the ○○ company. I've been working there for 5 years.Today, I'd like to tell you about our factory.
○○会社で働いています。私はそこで5年間働いています。今日は私たちの工場についてお話ししたいと思います。

This is our factory. On the right is building no.1, and on the left is building no. 2 B1 is used for the production line manufacture of items.
これが私たちの会社です。右側が1号館、左側が1号館です。 2号館は、アイテムの生産ライン製造に使用されます。

First , I will explain the location of our company.Our company is located in the northern part of △△ prefecture.△△ has many  historical buildings and delicious things to eat.
まず、私たちのキャンパスの場所を説明します。私たちのキャンパスは、△△県の北部にあります。△△には、歴史的建造物やおいしいものがたくさんあります。

First is the overview, as you can see from the data.
Our main products are ○○, for example ○○, ○○, and ○○.Next is the production base. We have ○ branches in Japan and ○ branches  overseas, in China and in Thailand.
まず、これは会社概要です。主力商品は○○、○○、○○などです。次は生産拠点です。日本に○支店、海外、中国、タイに○支店があります。

Next is our company  introduction.
There are two buildings on the site of 26Ha. More than ○○ people work everyday in the company.
次は当社の紹介です。26ヘクタールの敷地内に2つの建物があります。 ○○以上の人が会社で毎日働いています。

This is the history of our company and the quantity shipped until now.Development of our products began in 1970 and we‘ve been manufacturing it for nearly 50 years.
これが当社の歴史であり、これまでの出荷数量です。当社製品の開発は1970年に始まり、50年近く製造を続けています。

From around 2010, the sales dramatically increased due to the spread of Smartphones. In the foreseeable future,
2010年頃からスマートフォンの普及により売上が飛躍的に伸びました。近い将来、

we are sure that our products will be widely used to realize automatic operation of many kinds, and future demand will grow sharply.
当社の製品は、さまざまな種類の自動運転を実現するために広く使用され、将来の需要は急成長すると確信しています。

We plan to develop many new products for people all over the world. We will continue to make products that will amaze our customers.
私たちは世界中の人々のために多くの新製品を開発する予定です。今後もお客様を驚かせる商品を作り続けていきます。

Do you have any question?

【STEP4 3ヶ月目後半】 プレゼントレーニング

最後の2週間は、資料とシナリオを持って、実際にプレゼン練習に移りましょう。

 

オンライン英会話の1コマをフルに使って講師を相手にプレゼントレーニングをするのです。

 

シナリオを見てもらった講師を聴き手に練習します。読んでいくと、色々な気づきがあり文章は見直したくなるものですが今回はぐっとこらえ文章は変更しないように。毎回編集すると覚えられないから。

 

【STEP5 ラスト】 プレゼン本番

さて本番。

これまでの背景を知らない講師を相手に自己紹介と組み合わせて、「会社紹介をさせて下さい。」と申し入れてプレゼンしてみましょう。

 

あなたにとっては、これまで何回も練習した成果発表会ですが聴き手(講師は)初めて聞く内容なので、真剣に聞いてくれると思います。

 

もしかしたら感心されるかもしれません。

 

そのとき100%のプレゼンとはいかないかもですが、また別の講師でトライしましょう。また次の日も初講師を選んでプレゼンしましょう。

 

そうすると自己紹介が苦にならなくなります。そして気づいたころには、英語を話せています。

 

■まとめ

いかがだったでしょうか。

 

オンライン英会話で最も重要なのは、英会話を始めたからといって自動的に話せるようになるわけではなく、自分からアレンジや取組みや、方針を伝えないと一向に上達しないのです。いかに講師を使いこなすか?ということです。

 

なかなか自ら動いてくれる講師はいません。なぜならたくさんの生徒がいるから一人ひとりに手厚く対応することは出来ないから。

 

是非、このプレゼン資料を自分で作成して、オンライン英会話に取り入れて実行して下さい。3ヶ月後には成長を実感できると思います。

 

でももし、転勤や転職でもう時間無い方、あと何度も英語を挫折している人は、 正直なところ、誰かに尻をたたかれないとできないタイプなのでライザップ、TORAIZなど40万円くらいするコーチング込みのコースを探すしかないです。

 

高いのでオススメしませんが、後がないならやるべきです。このまま一生英語を話せなくて人生を生きるより、40万円で未来が変わるならトライすべきかと。しかも40万円の回収は英語ができるようになればすぐに回収できますから。

 

でも30日間返金保証もあるので興味があればぜひお試しを。

TORAIZなら英語で話せる【30日間返金保証】

-オンライン英会話

Copyright© 7Kuma Blog(脱初心者向け 英会話ブログ) , 2022 All Rights Reserved.