オンライン英会話

【TOEIC300点初心者】でもオンライン英会話で【沈黙しない】ワザ7選

 

最近オンライン英会話を始めた人
「オンラインを始めてみたけど、ときどきやってくる「沈黙」が怖い。。沈黙の気まずい雰囲気を回避する、また沈黙になったときの対処法を知りたいな。

 

そういった疑問に答えます。

 

  • 【TOEIC300点初心者】でもオンライン英会話で沈黙しないワザ7選
  • 「なんとなく日本人講師がいいかなー」

 

 

 

オンライン英会話って緊張します、、、

 

 

画面越しには、講師と自分だけ。どちらかが話し出さない限り、またそれに答えないと永遠の沈黙になる場合があります。

 

この沈黙にも耐えれる神経の図太さがあれば心配いりません。しかし僕は基本おとなしめの性格。
この沈黙こそが絶えれなく何かしら話さないといけない衝動にかられます。

 

この「間」を恐れるあまりに。

 

そして無理に話して、なにいっているかわからなくなり、ドツボにはまってしまうパターンでした。

 

今回はそういった突然やってくる沈黙を回避する対処法や沈黙にならならないためのアドバイスをご提案したいと思います。

 

沈黙を回避する方法
沈黙になった場合の対処法

この2つを知っておくことで、これであなたも「沈黙」があっても怖くないすし、沈黙が少しづつなくなっていくとおもいますよ。

 

  • 【TOEIC300点初心者】でもオンライン英会話で沈黙しないワザ7選
  • TOEIC300点の初心者でも出来る、オンライン英会話での「沈黙時の対処法」2選

 

 

本記事の信頼性

  • DMM英会話 →レッスン総回数500回 ・レッスン総時間12,000分
  • 産経オンライン英会話 →レッスン総回数2,600回 ・レッスン総時間1,300時間

→社内英語研修担当を任され、社員英語力を+5%英語力を底上げ。仕事や趣味を通じて、世界中の人とつながり、”英語で世界が変わった”。

 

DMM英会話が、今なら月6,480円がなんと期間限定で初月3,240円になってましたー。

DMM英会話を無料で2回試す

 

 

TOEIC300点の初心者でも出来る、オンライン英会話での「沈黙回避策」3選

まずは、沈黙にならないための回避策は下記3つ。

 

  • 沈黙回避策① | 日本人講師でレッスンを受ける
  • 沈黙回避策② | スクールの無料テキストを使ったレッスンを選択する
  • 沈黙回避策③ | 相手に質問させる余白を残しておく

 

1つづつ紹介しますね。

 

沈黙回避策① | 日本人講師を受ける

当たり前ですが、日本人講師とレッスンすれば沈黙になることはありませんよね。

 

「日本人講師じゃ英語力が伸びない」て思うかもですが、意外と有りですよ。

 

頑張って外国人講師のレッスンを受けたとしても、文法などの説明が理解出来なかったら時間の無駄です。初心者が英語の文法を英語で聞くなんて無理があります。

それよりも日本人講師から直接日本語で説明したもらって方が理解できますし確実なフィーバックが出来ますよね。

 

注意しなければいけないのは、日本人講師のレッスンが居心地良すぎること。

習熟度向上のためには外国人によるオールイングリッシュレッスンが不可欠です。

 

日本人講師のレッスンは目安として3ヶ月。それ以上は日本人講師のメリットはありません。理由については≫優秀な日本人【女性】講師がいるオンライン英会話で、3ヶ月間使い倒すコツにて解説します。

 

沈黙回避策② | スクールの無料テキストを使ったレッスンを選択する

2つめはスクール側で準備されている教材を使ったレッスンです。

 

なぜならテキストレッスンは講師主導によってすすめられるから。ほとんどのテキストは、1コマ(25分)で1テーマが完結するように設計されています。

  1. シーンの説明(1分)
  2. ロールプレイ(10分)
  3. 単語の発音練習(5分)
  4. ケーススタディ(5分)

⇒TOTAL:21分。

 

上記の通り。

 

そんなにフリートークや話を振る時間はありません。テキストレッスンを行うことで突然話すを振られるなどリスクも回避することができますよ。

 

沈黙回避策③ 相手に質問させる余白を作っておく

もしかしたら先生によってはスモールトークで話を振られることがあります。これは結構、やさしい先生にあるあるです。

 

なぜならコミュニケーションをとろうとしてアイスブレイクの一環で問いかけてくる講師がいらっしゃいます。

 

講師:「How was today?」

 

ぼく:「・・・・・・・・・・・」

 

 

 

みたいなかんじです。そりゃ突然すぎて何をいっていいかわかりませんよね。

ましては初心者のうちは、焦ってしまって思考停止になるのは必至です。

 

 

 

 

だから、回答を準備しておくことをおすすめします。しかも、ちょっと余白を残して話すのがコツです。

 

もっと詳しくいうと「あなたが言える、知っているカンタンな単語で文章を作る」ということです。

例えば、

 

I went to the shopping mall yesterday.
私は、週末モールへ行きました。

I took overtime working today.
私は昨日、○○を○○へ行きました。

I spent the weekend at home.
私は、週末は家で過ごしました。

I played a game on Friday.
子供とサッカーをしました。

 

こんな感じ。

こんなのでいいの?って思われるかもしれませんが、こんくらいでいいんです。そうこんなにシンプルでいいのです。どうでしょうか。できそうですよね。

 

うん、ちょっと頑張ればできますよ。

 

ざっくりした話なので講師の頭の中で、いろんな?が浮かぶはず。

 

そこを聞かれるので回答していく流れです。

 

 

例えば下記。

 

講師の反応

I went to the mall on the weekend.
私は、週末モールへ行きました。

├ 何か買ったのかな?
├ ご飯は食べたのかな?
├ 誰といったのかな?
├ どうやっていったのだろう?
├ どれくらいの距離?

 

 

講師の反応

I went to the mall on the weekend.

私は昨日、○○を○○へ行きました。
├ 今月は何時間くらい残業したのかな?
├ 疲れていないかな?
├ 夜ご飯はたべたのかな?
├ 最近は忙しいかな?
├ 会社にはどうやって行っている?

 

 

講師の反応

I went to the mall on the weekend.

私は、週末は家で過ごしました。
├ 家で何をしたのかな?天気は?
├ 家族と一緒に過ごしたのかな?
├ なぜ家で過ごしたのかな?

 

 

講師の反応

I went to the mall on the weekend.

子供とサッカーをしました。
├ どこで遊んだのかな?
├ そこまではどうやって行ったの?
├ 場所は公園?それとも学校?
├ そこは人気の公園かな?
├ 楽しめたかな?

 

 

そうなんです。枝葉が講師が疑問に思っていることです。こんなことを知りたくなりますよね。
これを「余白を残す」といいます。

 

あえて、重要なポイントを言わず、相手にそこを突っ込ませて、それにこたえる形で会話のキャッチボールで埋めていくのです。

 

どうですか?出来そうですか?出来ますよね!

たいていの講師は

 

ポイント

なぜ
どうやって
どうだった?
どれくらい長く

 

5W1Hで聞いてきますから。

 

ポイント

カンタンな単語を使うことです。詳細を伝える必要はありません。相手がイメージできればいいですよ。


アウトレット→モール
ディスカウントストア→スーパー
コンビニ→スーパー
シチュー→カレーライス
ネットフリックス→DVD
会社→オフィス

 

初心者のうちは、語彙も少ないのですぐに単語が出てこない。

だからそのまま英語に訳そうとせず、カンタンな日本語に言い換えて訳してはどうですか?その方がスムーズに会話を進めることができます。

 

これなら僕にもできそうです

 

超簡単なのでぜひためしみてください。

言い換えの詳細についてはツについて下記でも解説していますので、ぜひどうぞ。≫『言いたい事が言えない。言葉が出てこない』そんなときの時のズルい”言い換えワザ”【オンライン英会話 初心者向け】

 

 

TOEIC300点の初心者でも出来る、オンライン英会話での「沈黙時の対処法」2選

どうしても沈黙になってしまう場合。
そんな時の対処法です。

 

  • 沈黙対処法① | レッスン中にメモを取る
  • 沈黙対処法② | 「By the way 」 からの 「How was your ○○?」 で質問する側に立つ

 

1つづつ紹介しますね。

 

沈黙対処法 | レッスン中にメモを取る

これは今でも、ぼくがやっている沈黙対応策です。

 

  • 紙とペンを準備して下さい。
  • 出来ればノートがいい。

 

このノートを使って、レッスン中に出てきた新しい単語や、正しい文などをメモしていくことです。

 

レッスン中にです。

 

そしてこれはレッスン後にまとめるのではなく、レッスンの最中に書き出すことです。こうすることで、沈黙を回避することができます。

 

沈黙になりそうなときには

 

「この単語をメモするのでちょっと待って下さい。」と伝えましょう。

 

講師は喜んで待ってくれます。これが最も効果的な沈黙時の対応策です。そうすることで、しばらく画面を見らずに済みますし、間が持ちます。

 

レッスン中にメモるメリット

  1. レッスン後の復習がいらない
  2. 書くことで単語を覚えられる
  3. 自分だけの単語帳が作れる

 

書く間は目線がノートにいきますので、その間、一呼吸して態勢を整えることで、ちょっとだけですが心に余裕がうまれます。

 

これはぜひ実践してほしいテクです。

 

「By the way 」 からの 「How was your ○○?」 で質問する側に立つ

 

「ん~っ、やばい質問が無い、話すネタがない・・・」沈黙になりそうになったときのフレーズです。

 

「By the way 」

「How was your 」

 

そうです。「ところ」で「あなたはどうだった?」です。

「By the way 」でこれまでの話をリセットすることが出来ます。

 

「なんかいってそうだけど、質問じゃないな」

「会話がおわっているかどうかよくわからないが雰囲気的にはこの話題は終わっているな」

 

と思った時に使いましょう。

 

聞かれたほうが、何か返さないといけない衝動になりますからね。その間、こちらはただ聞いて、時折あいづちを打てばいいのです。

 

これもいくつかストックを作っておいて、沈黙時にはこのワザを使いましょう。いくつか使える事例を挙げておきますね。きっと、講師は積極的に答えてくれると思いますよ。

Bye the way,

 

by the wayで続く言葉

 

  1. 最近の天気はどうですか?
  2. 昨日はよく眠れましたか?
  3. あなたは日本に来たことがありますか?
  4. なぜ○○スクールを選んだのですか?
  5. もし休みがたくさんあったらどこに旅行にいきたいですか?

 

実はこのフレーズ、講師が生徒によく質問する内容です。実際ぼくは講師にヒヤリングして、初対面時にはどのような質問を投げるか、調査したものです。これを逆に質問して、主導権を握って聞く側に徹しましょう。

 

  1. How is the weather today?(最近の天気はどうですか?)
  2. Did you sleep well yesterday?(昨日はよく眠れましたか?)
  3. Have you ever been to Japan?(あなたは日本に来たことがありますか?)
  4. Why did you choose XX school?(なぜ○○スクールを選んだのですか?)
  5. Where would you like to travel if you have a lot of holidays?(もし休みがたくさんあったらどこに旅行にいきたいですか?)

 

レッスンのプレッシャ−に打ち勝つ方法

僕は、初めての英会話のプレッシャーに負けました。

 

あなたが英語を話せるようになるには、あなたも同じようなプレッシャーに悩まされるはず。
その時に必要になってくるものは何だと思いますか?

それは、

  • 自分を信じる力
  • 自分の力で英語を話したと言うゆるぎない事実

上記の通り。

な、の、で、す、が

 

そんな時に1番邪魔なのは頭でっかちな「文法」と「発音」なんです。だからまず「文法」「発音」この2つを頭の中から排除しましょう。

 

「発音」「文法」を気にしだすと一生話せるようにはなりませんからね。

 

そうすれば結果や自信はおのずとついてきます。日本人以外の外国人で英語を話す人は、ほぼほぼ文法無視で話していますから。。

 

DMM英会話が、今なら月6,480円がなんと期間限定で初月3,240円になってましたー。

DMM英会話を無料で2回試す

 

まとめ

というわけで今回は以上です。

 

これらのテクニックはどの講師にも使えて、時間が経った頃にまた繰り返し使えるというメリットがあります。

 

こまった時には乱発してもよいと思いますよ。

是非、沈黙を避けるためにこのワザを使いつつ、習熟度をあげて自由に会話が出来るようになってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

-オンライン英会話

Copyright© 7Kuma Blog(脱初心者向け 英会話ブログ) , 2022 All Rights Reserved.